ページの先頭です

リハビリテーションセンター

ここからページの内容です

リハビリテーションセンター

当院では脳血管障害や骨折等の急性期治療後の患者を受け入れ、チームアプローチによる回復期リハビリテーションを提供し、運動機能や日常生活活動の回復に取り組んでいます。また、退院後は外来・訪問・通所リハビリテーションにて切れ目のない維持期(生活期)リハビリテーションを提供し、生活機能の維持・向上に取り組んでいます。

センターの内容・目的

当センターでは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、各職種の役割に応じて以下のような目的で治療、訓練を行っています。

  • 理学療法:基本的動作能力の改善
    • 具体的な動作としては…
    • ・起居動作:寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、着座、立位 等
    • ・移乗動作:乗り移り(車椅子⇔ベッド)
    • ・移動動作:歩行、車椅子操作、いざり動作、階段・段差昇降 等
  • 作業療法:応用的動作能力の改善
    • 具体的な動作としては…
    • ・身の回り動作:更衣、整容、食事、排泄、入浴 等
    • ・移乗動作:乗り移り(車椅子⇔ベッド)
    • ・生活関連動作:家事(調理、掃除、洗濯 等)
  • 言語聴覚療法:摂食・嚥下(飲み込み)、コミュニケーション能力の改善
    • 具体的なコミュニケーション能力とは…
    • ・話すこと、聴くこと、読むこと、書くこと 等

部署紹介

当センターのリハビリテーションスタッフは、理学療法士24名・作業療法士18名・言語聴覚士6名の計48名(2015年6月現在)が在籍しており、回復期リハ病棟専従部門・医療保険専従部門・介護保険兼務部門(通所リハビリ・訪問リハビリ)に分かれて、それぞれの職務に当たっています。
現在当センターではリハビリテーション科と各職種での目標を掲げ、全スタッフが意識・目的を共有し、目標達成に向けて邁進しております。

【リハビリテーション科の目標(一部抜粋)】

●組織
ひとり一人の強みを生かし、多様性を許容できる組織づくりに努める。
●自己研鑽
ひとり一人が自発的に教育に係り、様々な分野に適用できる知識と技能の向上を図る。
●チームアプローチ
ひとり一人が積極的・発展的にコミュニケートし合えるチームづくりに努める。
ひとり一人がリハビリテーション・チームのファシリテーターとして機能する。

患者さんへのメッセージ

『患者さんの状態をしっかり評価し、回復を支援いたしますのでいっしょに頑張りましょう』

作業療法室

作業療法室

理学療法室

理学療法室

言語聴覚療法室

言語聴覚療法室

五条川リハビリテーション病院
理念
診療方針・指針
院長あいさつ
施設基準
アクセス
INFORMATION
内視鏡センター
骨粗しょう症外来
在宅医療・介護
緩和ケア・在宅療養支援センター
通所リハビリ
訪問リハビリ
透析について
看護部門
技術部門
  • 生寿会広報誌
  • 採用情報
PAGE TOP

ここからページの文末です