ページの先頭です

五条川透析センター

ここからページの内容です

五条川透析センター

当院では、慢性腎臓病(CKD)の外来通院をはじめ、内シャント造設手術および透析導入から維持透析までの治療を継続的におこなうことが可能です。
また、透析患者さんの長期入院にも対応していますので、安心して透析治療を受けることができます。

透析センターの内容

同時収容人数 60名
総患者数 120~125名
診療時間 月曜日~土曜日 AM 9:00~PM10:30
治療内容 血液透析(HD) 血液透析濾過(HDF)
持続的血液透析濾過(CHDF) 血漿交換等

施設の概要

ご希望の方には、当院専用車による送迎をおこなっています。
シャント手術後の臨時透析、旅行・帰省等のゲスト透析にも対応しています。

自主機能評価指標

医療機関が自律的に自らの診療内容や医療の質の評価を公表することが必要であるとの日本透析医会の考えに賛同し、当院は同会が選定した自主機能評価指標の項目について公開をしております。

部署紹介

入院患者さんに加え、外来通院の方もリハビリテーションをおこない、ADL(日常生活活動)の維持・向上に努めています。また、職種間で連携を図り、患者さん「ひとり一人」に適切な透析看護・介護をおこなっています。看護部門は足の観察・ケアを毎月実施し、足病変の早期発見に努めています。最近では、シャント肢のかゆみを調査し、シャント肢を含めた「かゆみ」の研究看護に取り組んでいます。臨床工学技士部門は臨床業務の他、メーカー研修等に参加し、院内医療機器の保守点検、透析液水質管理業務をおこない、より安全な透析治療を提供できるよう心がけています。看護部門、技士部門ともに、日本透析医学会学術集会に参加し、研究発表をおこなっています。

部署紹介

患者さんへのメッセージ

常に明るい雰囲気を“モットー”に、「患者目線」を常日頃より意識し、相談しやすい環境づくりを心がけています。近くには五条川の桜並木が広がり、透析室から、春は満開の桜、秋は紅葉と四季の変化を感じとることができます。

患者さんへのメッセージ
透析室から見える桜並木

五条川リハビリテーション病院
理念
診療方針・指針
院長あいさつ
施設基準
アクセス
INFORMATION
内視鏡センター
骨粗しょう症外来
在宅医療・介護
緩和ケア・在宅療養支援センター
通所リハビリ
訪問リハビリ
透析について
看護部門
技術部門
  • 生寿会広報誌
  • 採用情報
PAGE TOP

ここからページの文末です